32校から厳選!オンラインビジネス英会話スクールランキング

ビジネスに強い英会話スクールTOP3
この記事は約11分で読めます。

ビジネス英語に強い、オンライン英会話スクールを探しているのに、結局どこがいいのか分からなくて、困った経験はありませんか。

「オンライン英会話スクールって今どのくらいあるんだろう?」と思い、ざっと調べてみたら50校以上ありました。

この中から、どれか1つ選びたいのに、参考にならないレビューばかり。

だって、「ビジネス英会話」を習いたいのに親子会話を勧めたり、オンラインでやりたいのに通学を勧めたり、英会話スクールを探しているのにコーチングに誘導されたりするんですよ。

「もう、自分でやるしかない!」と思い立ち、ビジネス英語に強いと言われている、オンライン英会話スクール32校を、徹底的に調べました。

ハナ
ハナ

ちなみに50校から、32校に絞るまで掛かった時間は、6時間!

体験もして、満足のいく3校を見つけるまでは36時間かかりました

コストパフォーマンス、先生の質、続けやすい環境になっているか、を評価ポイントとして、ランキングを作成しています。

他にも、英会話初心者は日常会話から勉強した方がいいのか、オンライン英会話のメリット・デメリットや、最近よく聞くコーチングスクールとの比較、後悔しない英会話スクールの選び方などについても書いています。

ハナ
ハナ

実際に体験しないと、分からないことも書いていますので、英会話スクール選びの参考にしてみてくださいね。

ビジネスに強いオンライン英会話とは

ビジネスに強い

まずランキングへ入る前に、オンライン英会話スクールと、ビジネス英語の定義をはっきりさせましょう。

  • オンライン英会話スクールは、比較的安価で、通学の必要がないもの
  • ビジネス英語は、日本語で言う『敬語』のようなもの

この記事では、上の2点に当てはまる英会話スクールを紹介しています。
なので、もしも、ビジネス英語ではなく、一般的な英会話スクールをお探しでしたら、こちらの記事を参考にしてください。
⇒オンライン英会話スクールオススメ3選

オンライン英会話スクールのデメリットとメリット

メリット・デメリット

英語をオンライン英会話で勉強するデメリットとメリットは、次の通りです。

デメリット

  • インターネットの回線状況でレッスンができなくなる
  • 自分に厳しくできないと、ダラけてしまう

メリット

  • 通学と比べると安い
  • 端末とインターネットさえあれば、どこからでも受講ができる
  • 時間に縛られない
  • 自習で使える教材が揃っていることが多い

英会話スクールとコーチングの違い

英会話とコーチングの違い

最近「英語コーチング」というスクールを耳にするようになりました。

コーチングスクールは、ひと言で言うと「英会話スクールと留学の間」のような、ところです。

英語を学習できる、というところは共通していますが、習得のスピードや、サポート体制が違います。

ほとんどのコーチングスクールは、3ヶ月という短期間で目標の達成を目指していて、カウンセリングや、自宅での学習プランもカリキュラムに組み込まれています。

その分、料金は高くなりますが、短期間で英語を習得したい人に、人気のスクールになります。

⇒コーチングスクールの口コミや詳細について見てみる

ハナ
ハナ

今回、こちらの記事では、オンラインの英会話スクールを紹介しています。

日常英会話から始めなくて良い理由

ビジネス英会話からはじめよう

英語を勉強するときに、日常英会話から始めるべきか、ビジネス英語から始めるべきか悩まれるかもしれませんが、ビジネス英語から始めましょう。

と言うのも、私は日常で使う英語を、より丁寧にした英語がビジネス英語だと思っているからです。

もちろん、仕事で使う専門的な単語や表現もありますが、日本語で言う「敬語」にあたる文法や、単語を覚えてしまえばいいのです。

敬語と聞くと、難しく感じるかもしれませんが、ほとんど中学生で習った英語で文章が作れてしまいます。

例えば、名前を聞く時に、”What is your name?”と言うのではなく、”May I have your name?”と言った感じです。

ハナ
ハナ

ただし、このような表現を積極的に学べるスクールを探さないと、せっかく時間とお金を投資したのに、満足のいく結果になりません。

後悔しないスクール選びで1番大切なこと

後悔しないスクールの選び方

私がオンラインのビジネス英会話スクールを選ぶときに、1番意識していることは、「英語で学ぶことができるか」です。

ハナ
ハナ

過去にこの大切さを知らないで、英会話スクールに通ったら、応用が利かず大失敗した経験があります。

留学前に、家の近くにあった大手の英会話スクールに通っていたのですが、そこで学んだ英語は、1度も使いませんでした。

唯一「これ知ってる!」と嬉しくなったのが、くしゃみをした後によく言う”Bless you!”。

でも困ったことに、テキストでは、”Bless you!”で終わっていたので、その後なんて言うのか、私は知りませんでした。

ハナ
ハナ

そのせいで1ヶ月間、人前でくしゃみができなかったんです。ただ、”Thank you!”と言えば良いのに…。

もしあの時、英語でアメリカの文化や、アメリカ人の習慣を学んでいたら、くしゃみを我慢する必要もなかったです。

オンライン英会話スクールランキング

ビジネスに強い英会話スクールTOP3

ビジネスに強いと言われている、オンライン英会話スクール32校を、徹底的に調べました。

特に気になった9校は体験レッスンをし、その中で「続けたい!」と思える3校に出会うことができました。

その3校まで絞る時に基準としたのが、先ほど紹介した『英語で学ぶ』を含めた、次の6つです。

  • 『英語で学ぶ』ことができるか
  • 講師はネイティブスピーカーでなくてもいい
  • レッスン以外のコンテンツは充実しているか
  • レッスン予約やキャンセルのしやすさ
  • 運営サポートと連絡は取りやすいか
  • 金銭的に無理なく続けられるか

今回はビジネス英語に重きを置いているので、「たくさん、お得に話したい」方は、こちらのランキングが参考になりますよ。
⇒お得に英会話ができるオンラインスクール3選

1位:Bizmates(ビズメイツ)

bizmates

料金が高いのがネックですが、それ以上の価値がある英会話スクールです。

ハナ
ハナ

ビジネス英語に特化した英会話スクールなだけあって、社会人がワクワクするテキストになっています。

講師全員が就労経験があるので、同じ業界や職種で絞ると、先生を選びやすいですよ。

私の先生は、アメリカ大手の某ネットワーク企業で、今でもマーケティング兼PR部で活躍されてる方でした。

10年目と言っていたので、中堅社員ですよね。

ビズメイツを1位にした1番の理由が、「英語で学べる」からです。

例えば、会話で詰まってしまい、長い沈黙が起きてしまったとき、「考えてるよ」というのを伝えるために、”Let’s see…”、”That’s a good question…”など、’ballpark figure’を使うと良いよ、と教えてもらいました。

ハナ
ハナ

このようなプラスαの情報や、文化の違いにどのように対応するか、意見の伝え方、など応用がきくように、カリキュラムができています。

2位:レアジョブ

 

レアジョブ英会話

オンライン英会話スクールのパイオニア的存在なので、圧倒的な安心感があります。

運営サポートもしっかりとしていて、Skypeでの問い合わせもできますし、メールで問い合わせをしても、ほぼ24時間以内に返信が返ってきます。

先生も、自社で教育しているため、「学生がアルバイトで何となくやってる」ということはありません。

ハナ
ハナ

しかも、レアジョブのビジネス英会話コースの先生は、そのレアジョブの中でもトップ10%に入る先生のみ!

試しに、ビジネス英会話コースの先生で、Daily Newsを教材にして、レッスンを受けてみたのですが、知識に関心してしまいました。

ディスカッションをしたときに、「こういう言い方の方が、プロフェッショナルに聞こえるよ」と表現を直してくれたり、関連したニュースを引っ張り出して、意見を求めてきたりもしました。

ビジネス英会話コースのテキストは、仕事で使える表現の型をインプットできるようになるので、テキストと、自分のできるようになりたいことの方向性が合っていれば、とても強い教材だと思います。

日常英会話コースで使われる教材も、もちろん使えるので、自習コンテンツも充実していますよ。

3位:QQEnglish(QQイングリッシュ)

QQEnglish

最後に、QQEnglish(QQイングリッシュ)を紹介します。

レッスンも、先生も、教材も魅力的なのですが、ちょっと気になったのが次の3点です。

    1. レッスンのキャンセルは、12時間以上前にしないと損をする
    2. カランメソッドやbusiness for callan(ビジネス英語用のカランメソッド)を受講するときは、教科書を購入する必要がある
    3. 予約完了メールにレッスンルームのリンクがなく、公式サイトのレッスンルームが分かりにくい

ちなみにカランメソッドは、英語を日本語に訳すのではなく、反射的に英語が口から飛び出るように、『英語脳』を作るメソッドと言われています。

一説には、通常の4倍の速度で英語を習得できるとか。

ハナ
ハナ

QQイングリッシュではそのカランメソッドを、ビジネス英語に特化した、business for callanを学ぶことができます。

QQイングリッシュでも、自社で先生を採用して、教育しているので、とても熱心な先生が多いです。

「ここの単語に、この動詞が入るのはなぜ?」など、文法や、単語の説明を求められるので、自分が苦手なところを客観的に見られて良かったです。

私が気になった3点さえ気にならなければ、カランメソッドでビジネス英語を習得できるので、オススメです。

 

迷ったらBizmates(ビズメイツ)

ハナ
ハナ

どれも良さそうに見えて、決められない!

どのスクールも無料で体験レッスンができるので、試していただきたいところ。

また、体験レッスン後に特典として、特別価格で料金を設定しているので、『レアジョブ→QQイングリッシュ→ビズメイツ』の順で体験すると、ちょっと得した気分になります。

ただ、時間がないあなたのために、オススメのビジネスに強い英会話スクールを紹介させていただきます。

迷ったら、Bizmates(ビズメイツ)です。

BizmatesレアジョブQQEnglish
英語で学ぶ
講師の質
コンテンツ
予約
キャンセル
運営
料金(税込)13,20010,78010,468

英語で学ぶことに関しては、ビズメイツの右に出る英会話スクールは、2022年6月の時点で見つけることはできませんでした。

実際にビズメイツは、受講生が、世界で活躍できる人材になるように、テキストを構成しています。

カリキュラムも、最短距離でビジネスの成果を上げられるように、設計しています。

ビズメイツのベーシックな学習プラン「Bizmates Program」では、25分間のオンラインレッスンに加え、その日に習う内容を10分程度の予習・復習動画で学習できます。通勤や在宅勤務のスキマ時間に簡単に学べると、忙しいビジネスパーソンから好評です。

扱う教材の内容も、実際のビジネスシーンに即したもの。日本人にありがちな「間違い」をあえて示し、どうすれば効果的に英語が話せるのかをセットでレクチャーします。

引用:ビズメイツのミッション(https://www.bizmates.jp/ourmission/)

実際に体験して分かったことは、講師陣がスゴイこと。

ハナ
ハナ

「ビジネス経験者」と言っても、教育関係でしょう?

そう思っていましたが、先生のプロフィールを読むと、WHOで事務局員として働いたことのある方や、現役でフィリピンの不動産の営業をしている方、クルーズ船でウェイターの責任者として働いていた方がいました。

他にもIT業界、航空業界、ホテル業界、弁護士などを経験している先生方もいました。

ハナ
ハナ

最初に出てきた1ページしか見ていないので、探したらもっと色々な経歴を持つ、先生が見つかると思います。

中には、40年間同じフィールドで働いている方もいました。
同じ職種だったら、英語だけでなく、仕事のコツなんかも教えてもらえますよね。

料金が他と比べて、少し高めですが、仕事の経験者から、生きた英語を学べるスクールはココしかないです。

まとめ

本音を言うと、今回紹介した3校、全て体験レッスンを受けていただきたいです。

『レアジョブ→QQイングリッシュ→ビズメイツ』の順番で体験すれば、特典を失う前に、入会するかを検討できます。

ただ、時間もなく、1つしか選べないのならば、私は迷わずビズメイツをオススメします!

とりあえず、講師のプロフィールを見てみてください。

「この人に教えてもらいたいな!」と思える先生が、見つかります。

サンプルのビデオレッスンもあるので、どんな風にレッスンが行われるのか、イメージを沸かせることもできますよ。

ハナ
ハナ

ぜひ、「英語で学ぶ」を体感してみてください。

\Bizmatesの無料体験レッスンを受けてみる/
【Bizmates】公式サイト

タイトルとURLをコピーしました